スマートソナーのセットアップの仕方

より多くの大きな魚を釣り上げるための使い方

Deeper Sonar 設定

スマートソナーデバイスは状況に応じて、多目的に利用が可能です。工場出荷時の設定に加えて、機能のカスタマイズが可能です。

フィッシング/スキャンモード

ソナーのスキャン結果の表示は選択されているモードによって異なります。ソナーモードを変更するには、「設定」メニューから選んでください。

ボート・カヤックでご利用の場合は「ボートモード」をお使いください。

ボートモード

ボートモードでは、Deeperアプリは自動的にスマートフォンのGPSに接続し、リアルタイムの水深マップを作成します。ソナーのスキャン画面がスクリーンの右半分に、地図が左半分に表示されます。(設定→探知機モード→ボートモード)。

陸っぱりからPro+を利用する場合には、「陸釣りGPS」モードをお使いください。

Onshore Mode

陸釣りGPSモードはボートモードと同様のモードですが、スマートフォンではなくDeeper Pro+内蔵のGPSを利用します。キャストした先の水深マップを画面左側に、スキャン画面を右側に表示します。

岸釣りでProを使う場合は「リアルタイムモード」をお使いください。

リアルタイムモード

スキャン画面を全画面でご利用いただけます。水深マップはご利用いただけません。(設定→探知機モード→リアルタイムモード)

アイスフィッシングの場合は「穴釣りモード」をご使用ください。

Ice Fishing Mode

穴釣りモードでは画面表示は従来のアイスフラッシャーのような画面になります。小さな大きさの物体までを表示し、水中のスキャン結果を記録します。また、釣りをした穴の場所を左側のマップに保存します。

ボートモード
Onshore Mode
リアルタイムモード
Ice Fishing Mode

スクリーン表示調整とアラーム

スクリーン表示調整とフィッシュアラーム機能を使うことでさらに効果的にご利用いただけます。

  • スクリーンカラーモード
  • 明るさ
  • 垂直フラッシャー
  • 夜釣り
  • 水深とフィッシュアラーム
  • 魚の水深
  • スクリーンカラーモード

    スクリーンカラーモード

    その時の明るさに応じて表示のカラーパレットを変更することが可能です。標準カラーに加えて、昼用、夜用のカラーパレット表示をご利用いただけます、昼用は直射日光が強い場合に、夜用は夜釣りの場合にご利用いただくとより見やすくなります。

  • 明るさ

    明るさ

    画面表示の明るさを変更することができます。設定の「明るさ」メニューから変更が可能です。

  • 垂直フラッシャー

    垂直フラッシャー

    垂直フラッシャーをONにすると、実際のソナーの反射と受信状況を見ることができます。穴釣りモードでは自動的にONになりますが、ほかのモードでは手動でONにすることが可能です。実際に水中で音波がどのように反射しているかを具体的に知りたい場合に参考になります。

  • 夜釣り

    夜釣り

    夜釣りモードは夜釣りや薄暗い状況で役に立つ機能です。この機能を使うにはDeeperに専用の夜釣りカバーを装着する必要があります。モードをOnにすると内蓋のライトが点滅し、ナイトカバーを通して光るので、視認性が上がります。

  • 水深とフィッシュアラーム

    水深とフィッシュアラーム

    水深アラームは音によって、主にボートモードのときに、目指すべき水深の場所に到達したことをお知らせします。例えば、目的の魚が水深4~6メートルにいることが多い場合、水深アラームを最低4m、最大6mにセットすれば、ボートが該当深度の場所に到達すると音によってお知らせします。フィッシュアラームは魚影が表示されると音でお知らせします。フィッシュアラームは魚アイコン表示がONの売位のみ作動します。

  • 魚の水深

    魚の水深

    水深のタグ機能は魚アイコンの隣にその魚がいる水深を表示する機能です。表示する水深は水面からの距離か、水底からの距離かを選択することができます。

ビーム角度/周波数

異なる波長

異なる波長

低周波90kHzでの波長は1.6cmです。つまり、16cm以上の魚に反射します。高周波290kHzの波長は0.5cmですので、0.5cm以上の物体に反射します。つまり、周波数が高い方が詳細まで把握できるということです。

正しい周波数を選ぶ

正しい周波数を選ぶ

状況に応じた周波数とビーム角度を選択しましょう。Deeper ProとPro+のモデルでは、2つの周波数が選択可能です。広域スキャンではバックグラウンドノイズも拾いやすいですが、ボードのスピードが速くても対応します。一方で、高周波は水に吸収されやすいので、深い部分までスキャンしたい場合は狭域スキャンを選択してください。

角度の違い

角度の違い

ビームをよりよく理解するためには、懐中電灯をイメージするとわかりやすいかもしれません。角度を小さくすれば、絞って集光した時のように遠くまで明かりが届きます。一方で角度を広くすれば、明るさは低くなりますが広範囲を照らすことができます。魚群探知機の場合はトランスデューサーのクリスタル部分で発射角を調整します。狭域スキャンの場合は広域スキャンより強いスキャンを深くまで送ることができます。

コーンの直径

コーンの直径

つまり、狭域スキャンはよりパワフルで正確なのですが、スキャン範囲は小さくなります。Deeper Pro/Pro+の狭域スキャンでスキャン可能な底面積は深度の約25%となります。つまり、水深が2mの場合、スキャン面積は直径50cmの縁となります。広域スキャンでは、深度と同じ直径面積となるので、水深2mの場合のスキャン面は直径2mとなります。

異なる波長
正しい周波数を選ぶ
角度の違い
コーンの直径

感度

感度はスピーカーの音量調整のようなものと考えてください。シンプルなスクリーンを好むために感度を低く抑えすぎてしまう場合が見受けられます。適正感度は70~90%です。多少のノイズも入りますが、魚影もとらえることができます。お勧めは100%の状態から感度を下げていき、ちょうどよいポイントを見つける方法です。

もし、ノイズが深い位置にあれば、魚が消えない範囲で、さらに感度を下げてみます。うまくいかない場合は、感度を下げて、広域スキャンに設定します。注意点は、感度設定にかかわらず、発射するソナーは一定だということです。あくまで、表示画面の感度を調整しています。

以上の説明を読むと、設定のカスタマイズは大変だと感じたかもしれません。ただし、あくまでカスタマイズなので、特に設定を変更せずにお使いいただくことも可能です。突然暗い雲が現れたり、釣りのスタイルを変えたときに、このマニュアルを読んで試していただければ幸いです。カスタマイズ結果については、実際にDeeperを接続しなくても、シミュレーションモードで結果を確認できます。釣りに行く前に機能を試して、準備を進めてみてください。

ブログ

    アイスフィッシング用の特製バケツをDIYしましょう
    2019/01/30

    アイスフィッシング用の特製バケツをDIYしましょう

    全文を読む
    【釣れすぎ注意】万年ボウズが魚群探知機「deeper」使ったらバケツから魚があふれた話
    2018/11/14

    【釣れすぎ注意】万年ボウズが魚群探知機「deeper」使ったらバケツから魚があふれた話

    全文を読む
    子どもを釣りに連れて行こう。釣りを始めるのに早すぎるということはないから。
    2018/11/13

    子どもを釣りに連れて行こう。釣りを始めるのに早すぎるということはないから。

    全文を読む
    ボート、カヤック、SUPフィシングで最適なワイヤレス魚探Deeper(ディーパー)
    2018/08/02

    ボート、カヤック、SUPフィシングで最適なワイヤレス魚探Deeper(ディーパー)

    全文を読む
    プロカメラマンの柳田由人様
    2018/07/12

    プロカメラマンの柳田由人様

    全文を読む
    「父の日」と釣りの思い出
    2018/06/14

    「父の日」と釣りの思い出

    全文を読む