普通、魚探ってボートに付いてるアレですよ。その魚探がキャストして使えちゃうんです
すなわち岸釣りでも魚探が使えちゃいます!!
けど、実際どうなの??
折角私がディーパーPRO+ワイヤレス魚探を持ってるので、ブログ読者の方へどんな感じなのか、説明していきましょう。
岸釣りでDeeperを使う時は、キャストして使うのですがDeeperは、テニスボールほどの大きさで100gほどあります私はショアジギタックルで使っていますが、バスであればビッグベイトタックルがあればいいですしシーバスならMHクラスがあればいいでしょう。
ただ、その際は、アンダーキャストや、重みを乗せてゆったりとキャストしましょう普段ルアーを投げるようにパシッとキャストすると、さすがにライン切れて飛んでいってしまいますのでご注意。

Deeper app

Deeperを使って調べた筑後川のデータの解説

さてさてここからは、実際に私がDeeperを使って調べた筑後川のデータを見ていきましょう黄色い図は、水深の等深図です。

ディーパーPRO+が通ってきた場所を線状にデータが残るのですがそれをずらしながら繰り返すことでこのように面で等深図を自動で作成してくれます。
下側の黒い画面は、一般的な魚探と同じように、Deeperがとらえた水中を輪切りにしたものです。通常は、スマホ画面に左右半々に表示されますが、今回は説明用にそれぞれ拡大してから上下二段に画像処理して貼り直しています。
黄色の画面上の方は、5mの水深がありましたキャスト距離は約50m
5mの矢印の先に黒い丸印があるのが、下側のソナー画面が表示している場所になります。
Deeperは、調べた地形データをスマホに保存することができるので、後からゆっくり見直すことができます。しかも、クラウド上に保存することもできるため、タブレットなどの大画面でも見ることが可能です。

Deeper App

ベイトフィッシュと大物を探すには魚探が大いに活躍する

話を戻しますがソナー画面に、ベイトフィッシュがたくさん映っています。水深5mエリアの、底から1m付近に居る様子がわかるでしょう。

Tanaka Yutaka

Deeperを、先へ進めると5mから3mへのカケアガリがあるのを見つけました。ここはいつも根ガカリしてしまう場所でしたが、2mも大きくかけあがっているなら根ガカリしてしまうのも納得できます。

deeper app

その後は、だらっとした3mのフラットが足元まで続いて岸近くで3mから1mへカケアガリが形成されています。2017年7月16日に調べたものですが、表面水温は30度もありました
そのためでしょうかベイトフィッシュは、沖にある5m-3mのカケアガリ付近から浅いほうには数が少なかったです。

魚がなぜそこで釣れたのか理由を知ることが次の一匹につながる

さて、透明度1mほどしかない筑後川でこれだけの情報をどうやって調べられるでしょうか?
水底の地形変化を調べるのに何回根ガカリでルアーをロストするでしょうか?
5mの底付近にいるベイトフィッシュの居場所をどうやって知ることが出来るでしょうか?
この春に、この5m-3mのカケアガリを集中的に狙うことができてシーバスを釣ることができました

Tanaka Yutaka

頭の中に地形図を思い浮かべながら、水深に合せてカウントダウンすることで根ガカリさせずに、ギリギリのレンジを攻めることができました。
魚探を使って底に沈むテトラやシモリ岩カケアガリなど地形変化、小魚の有無、レンジなどに関する情報を瞬時に得られます。本命の魚が画面に映らなくても、それを狙うための情報は、Deeperを使うことでたくさん得られます。
時間を掛けて、じっくりと地形図を作ってしまえば、次回からはよりおいしいポイントを確実に攻めることができます。
釣れたときも、その魚がなぜそこで釣れたのか理由を知ることで、次の一匹につなげることができます。
釣れないとき、魚がいないのか、狙い方が悪いのか誰でも悩むでしょう。
ポイントを移動しようか、粘ろうか。。。
そんな時に、Deeperで調べることで選択を心強くしてくれます。
Deeperを使うことで、きっとあなたの釣りが劇的に変わることでしょう。

田中豊基