幸運は準備した人のもとに舞い降ります!釣りのコツ、トリック、新しいDeeperアクセサリを紹介します

幸運は準備した人のもとに舞い降ります!釣りのコツ、トリック、新しいDeeperアクセサリを紹介します
読み込み中…

今年の夏により多くの獲物を捕まえるための7のポイント

運がすべてではありません。これらのトリックを試して、大物を釣り上げるチャンスを増やしてください!

1. 気温が低い時に釣りをする

夏の暑い日には、水面下の酸素濃度が極端に低下することがよくあります。これが、魚の摂食行動や活動に悪影響を及ぼす場合があります。臨界水温は20℃以上です。その温度では、魚はより受動的になるだけでなく、バスのような大型の捕食魚は釣りの戦いの後に弱って死んでしまう可能性があります。

ヒント:早朝や夕方など気温が低くなる時間帯は、魚の活発に動く出すので探してみましょう。

2. 天気予報を確認する

天候がその日の行動に与える影響を判断できる釣り道具に頼るのが一番です。魚は人間以上に環境に敏感です。気圧のわずかな変化も見逃さず、それに応じて行動を変化させます。実際、バスや他の捕食魚は、気圧が変化する前にその影響を感じているのです。

ヒント:釣りをしている間は定期的に天気予報をチェックし、気圧の急激な変化で魚が活性化したり、消極的になったり、現在地から遠ざかったりすることを念頭に置いてください。Fish Deeperアプリを使用すると、天気の温度、降水量、風、湿度、気圧、その他のデータをチェックすることができます。

3. 釣り場に慣れる

たくさん釣れる場所として、よく知られた海域で成功するケースが多く見られます。ご存知のように、捕食性の魚は(種類によって異なりますが)、浅い所や深い所、また底が硬いところや草むらのある場所に潜んでいます。釣りたい魚によって、自分に重要な場所を選び、選んだ水域にこのような場所であることを確認することが大切です。

ヒント:新しい海域で釣りをする前に、水深を分析することが重要いなります。Fish Deeper Premiumを使えば、簡単に海域を探索することができます。水深図を見た後、Fish Deeperアプリで浅い場所をマークしてください。この場合、チェックすべき潜在的な場所が正確にわかるので、釣りの時間を大幅に短縮することができます。

4. ボートに乗る

水温が上がると、捕食魚はより深く冷たい水域に移動することがよくあります。その結果、岸からの釣りで獲物の姿を見つけるのが難しくなることがあります。見つからない場合は、ボートやカヤックに乗って、さらに深い海域を発見してください!Deeperソナーは、従来のボート釣り魚群探知機に代わるスマートで汎用性の高い便利なツールです。これは、簡単に取り付けられ、電池も配線も不要です。

ヒント:ボート釣りでDeeperソナーを簡単に使うには、Deeper フレキシブルアーム 2.0 ! ボートフィッシングでキャスタブルソナーを簡単に使う方法です。汎用性の高い製品です。

5. 底の硬さを考慮に入れる

捕食魚によって好きな底質は違います。パイクは草の生えた水底に、パーチやザンダーは水底が硬い水底に生息しています。底の硬さと釣りたい魚によって、Deeperソナーでスキャンし、魚がいる場所を探してください。

ヒント:特定の捕食魚を探す時は、底の硬さに注意してください。パイクは草の生えた底に、パーチやザンダーは底が硬い水域に生息しています。

6. ルアーの巻き取りパターンを変えてみる

成功するアングラーの特徴は、魚を釣る際にパターンを組み立てることができることです。釣りは、ルアー、ロッド、リール、ルアーの巻き取り方などで構成されています。釣り方や釣りたい魚に合わせて、これらを全て選択することが重要です。

ヒント:もし、プレデターフィッシングの準備(適切なリール、ロッド、ルアーなどの選択)ができていて、適切な場所にいる(ソナーに釣る魚の姿が映し出されている)にもかかわらず、魚が釣れない場合は、ルアーの巻き取りのパターンを変えてみてください。巻くスピードを変えてみたり、ポーズを長めにとってみたり、何度か連続でトゥイッチングして底に沈めるなど色々変えてみてください。どんなことでもいいので、あきらめずに試してみてください!

7. 正しいテクニックと道具を選ぶ

濁りや波がある水域では、魚は自由に泳ぎ、逃げ回ることができます。しかし、クリアで穏やかな水面の場合、視界を広げ、捕食魚が餌の動きを観察する時間を十分に与えてくれます。その場合、間違ったアクションは魚の反感を買うので、正しい釣りのテクニックと道具を選ぶことが非常に重要です。

ヒント:釣れそうな魚からできるだけ離れ、キャスティングの距離をできるだけ長くしてください。また、より細いライン、よりリアルなルアー、より小さなルアーで釣るなど、ダウンサイジングも忘れないようにしましょう。

あなたにとって最適なモデルを選んでください

Scroll to top